Marma Therapy

 

 

 

古代インドに伝わる急所とも言えるポイントで人体に107個所あると言われています。

 

その中で効果的なポイントを刺激するのが

マルマセラピーです。

 

 

 

 

 

マルマ・チキッサー(マルマ療法)は数千年にわたる間、秘匿されていました。

古代マルマ・サイエンスのエキスパートを除きマルマは国王とその指揮官、

兵士にのみ教えられてきた古代インドの治療法です。

 

 

アーユルヴェーダの教科書には「マルマ」はいわゆる急所という意味で

その部分を傷つけると致命傷になりうる場所だと書かれています。

 

 

マルマ・ポイントは一般に急所と呼ばれていますが同時にエネルギーの源泉の場でもあるため、

この場所を適切に扱うことで人間に本来備わる自然治癒力を使って

病気の予防や改善を図ることができる自然療法です。

 

 

私が学んだMrityunjay(ムリチュンジャヤ)マルマ・セラピーはインドの

グルークル・カングリ大学医学部教授で外科医師

NPO Mrityunjay Missionの代表でもあるジョーシ先生が

25年以上の実践を重ねて実際に応用され実績も上げてこられた方法です。

 

 

ジョーシ先生によると、古来よりマルマはアーユルヴェーダの知識として伝わっていましたが

文献には実際どのように使うか明確な記述はなかったとのことです。

 

 

他の流派のマルマセラピーはマッサージが主ですが、ジョーシ先生のMrityunjay マルマセラピーは指圧と呼吸に伴って動くプラーナ法を主とした内容です。

日本の経穴指圧とは位置、押し方が異なります。

 

 

マルマ・セラピーの特徴は1回あたりの施術時間が30分程度と短いにもかかわらず

効果をすぐに感じられることです。

 

 

慢性疲労、肩こり、四十肩・五十肩、腰痛、膝の痛み、片頭痛、消化器系の不調

便秘、生理痛、婦人科系疾患、更年期障害、からだの冷え、むくみ、坐骨神経痛

目のトラブル、自己治癒力アップ、高血圧(低血圧)、糖尿病、肥満(痩せすぎ)

心臓・肺の疾患、リウマチ、パーキンソン病、うつ病

 

 

など効果は多岐にわたります。

 

 

 

 

仕事が忙しく残業続きでヨガの時間が取れない

 

子育てと仕事でフル稼働、24時間働きづめ状態

 

慢性的な疲れやストレスを感じている

 

年齢を重ねからだの衰えを感じ始めた

 

時間がない、運動をする元気が出ない

 

 

 

こんな時にはマルマ・セラピーを受けてみませんか?

 

 

 

まもなくご予約可能日を上げさせていただきますので、しばらくお待ちください。